一般衛生管理を導入しやすい環境をご提供

1.総合的な対策としてお伝えすること

皆様は、断片的に情報を得ていませんか?洗剤であったり、ブラシやスポンジであったり、単品の提案が多いと思います。

ものではなく、作業として提案してもらえば良いのにと思ったことはありませんか?洗浄であれば、その前の清掃の大切さや、洗剤の選び方や、適したツール(ブラシやスポンジ)の選び方や、殺菌の前段階としての「洗浄の意味・大切さ」など、お伝えしなければいけないことはたくさんあります。

総合的な対策としてお伝えするとは、洗浄や殺菌、清掃や害虫管理、消臭や防虫・防そ等、各対策のそれぞれの関係や、適したツールの選び方などを、洗浄で述べましたように作業全体としての提案することです。

2.分かりやすいこと

皆様が現場でそのまま活かしていただけるように、分かりやすいテキストを準備します。難しい項目を専門用語でごまかすので無く、読みやすいテキストを作ります。テキストにそった勉強会も開き、皆様に情報を活かしていただきやすい環境を準備します。

3.相談しやすいこと

一般的衛生管理を実施していくことは大変です。総合衛生対策協会に入会いただくと、担当者が定期的に訪問します。

その担当者に相談して、けっして一人で悩まないでください。担当者が解決できなかった時は、当協会のコンサルタントに情報があがり、担当者を通してお答えするか、必要に応じてコンサルタントがお応えします。

 

他に、メーカーによる最新情報や一般的衛生管理導入サポート、定期的衛生チェックなど、皆様のレベルがアップするのに合わせて、フォローできる準備をしております。一般的衛生管理を中心に話をいたしましたが、HACCP構築まで対応できます。経営支援としまして、政府支援金情報、融資情報なども載せ、相談できる様にします。どんなことでもご相談ください。