HACCP導入サービス

当協会は一般消費者の方々の安心と安全を守るために、総合的な衛生対策に取り組みます。衛生対策、衛生管理を効率的に行うためには下図に示す「計画」「教育」「実行」「記録」「PDCA」の5段階の実施が必要となります。当協会では、この5段階全てを「メーカー」「商社」「現場」が三位一体となって実行し、衛生水準の向上を目指します。

※PDCAとはPlan・Do・Check・Actionの略で業務を改善するサイクルです。

「5段階に対する協会の支援」

第1段階「計画」

HACCPの制度化により、計画書の作成が義務付けられます。大半の食品現場では、一般衛生管理の実施計画に加え、HACCPの考え方を取り入れたメニュー(製品)の温度別分類とその管理方法を計画書に取り入れる必要があります。当協会では、この計画書作成にあたりサポートを行います。


第2段階「教育」

第1段階で作成した計画を現場で即実行は出来ません。実行するには、従事者に対する指導・教育が必須となります。当協会では、現場視点で考えたセミナーの開催や、現場の衛生対策責任者を要請するための資格制度作りに取り組みます。


第3段階「実行」

実行は基本的に現場従事者が行わざるを得ません。しかし、当協会では相談窓口を設けることで現場で起こる様々な課題や問題、疑問等の即時解決のサポートを行うと共に、清掃、害虫対策、衛生点検等の代行サービスをご提供します。


第4段階「記録」

第4段階である記録も、第3段階の実行と同様に現場従事者が行わざるを得ません。しかし、当協会では、記録管理の効率化や定期チェックを行う事で記録管理業務をサポートします。


第5段階「PDCA」

衛生水準の継続向上のためにはPDCAが欠かせません。また、適切なPDCAを行うためには、ある程度以上の衛生に関する見識やノウハウが必要になります。当協会では、衛生対策コンサルタントを中心にPDCAをサポートします。