HACCP制度化について

食品衛生法の改定により、2020年6月からHACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)と呼ばれる衛生管理の手法が制度化されます。施工開始後1年間の経過措置期間を経て、2021年6月には食品に関する製造、加工、調理、販売等を行う全ての事業者に義務付けられます。

HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

当協会は、各会員一丸となって衛生環境の更なる向上を目指します。衛生対策でお悩み、お困りの際は当協会にお問い合わせ下さい。